洗足学園小学校

先生のレポート

 

2017.6月19日(月)

 

◆音楽鑑賞会

 

高学年を対象に、洗足学園音楽大学の方たちによる音楽鑑賞会がありました。
箏や三味線、尺八の美しい音色に子どもたちの拍手は鳴り止みませんでした。「春の海」など、一度は耳にした事のある曲から現代邦楽という分野での箏の演奏まで多岐にわたり、聞き入ってしまいました。最後は箏、三味線、尺八と6年生のリコーダーで「いつも何度でも」を合奏しました。

児童の日記から
・五時間目に大学に行き、日本の昔ながらの箏、尺八、三味線などで、「荒ねずみ」や「春の海」、「いつも何度でも」を演奏してもらいました。箏の色々な、演奏の表現力や三味線の音色と歌は、すごく頭にイメージがずっと浮かぶようなもので、尺八も独特な音色を聞くことができ、本当に良かったと思います。
(6年女子)

・音楽鑑賞会がありました。今回は「邦楽」を演奏してもらいました。箏、三味線、尺八などが主な和楽器です。箏は弦をはじいたり、こすったり、三味線はつめのようなものでひいていました。尺八は実際に見てみると、竹そのもので、ぬくもりがありました。ぼくが気に入ったのは箏の「鳥のように」です。オーケストラにとても似ていました。邦楽にはあまりふれたことがなかったですが、ふれることができて良かったです。
(6年男子)

音楽鑑賞会1音楽鑑賞会2

 

2017.6月8日(木)

 

◆田植え(2年生生活科)

 

代掻きから1週間たち、田植えを行いました。代掻きのときよりも、いっそう柔らかくなった土に、足をとられながらもゆっくりと田んぼに入り、目印を頼りに苗を植えていきました。「根本を持って、深く植えること」というポイントを教わった子どもたちは、その約束を守って上手に植えることができました。今回も保護者の方に、子どもたちの体洗いや後片付けを手伝っていただき、無事に田植えを終えることができました。

児童の日記から
・田植えをしました。3~4本ずつの束をどろごと田んぼにさしこみました。「元気に育っておいしいお米になってね。」と思いながら植えました。
(2年男子)

・田うえをしました。なえをうえるのはおもっていたよりむずかしかったです。田うえはめったにできないので、とてもよかったです。
(2年女子)

田植え(2年生生活科)1田植え(2年生生活科)2
田植え(2年生生活科)3

 

2017.6月3日(土)

 

◆6年生社会科見学(希望制)

 

6年生の希望者40名が首相官邸・公邸へ見学に行きました。 首相官邸は普段テレビ等で目にする場所も多く、目を輝かせて見学していました。日本を象徴する建築として細部にまでこだわって作られていることが伝わってきました。記者会見室や会議室のイスに実際に座ることも出来ました。児童は大臣になったみたいと喜ぶ姿が見られました。
戦前からある首相公邸では、歴史の重みが感じられました。旧閣議室に入ることが出来ました。普段は目にすることができない場所を自分の目で見る貴重な機会に恵まれ、児童は興味をもって見学することができました。

児童の日記から
・首相官邸・公邸へ社会科見学に40人と先生で行ってきました。いつもニュースで映されているところをたくさん見るので、すごく緊張していました。大臣や総理が座っていたいすに座ったり、組閣のときに閣僚の人たちが写真を撮る階段で私達も写真を撮ったりと、貴重な体験をすることができました。帰るときに今日は本当に来させてもらって良かったと思いました。
(6年女子)

・今日は、総理大臣官邸と総理大臣公邸(旧官邸)の見学をしました。まずは官邸へ行きました。小ホールの奥の壁は可動式になっていて人数によって調整できます。記者会見室の後ろのカーテンは誰が記者会見を行うかによって色を変えるそうです。公邸には玄関にネコやミミズクの像がありました。貴重な体験ができてよかったです。
(6年男子)

6年生社会科見学(希望制)16年生社会科見学(希望制)2

 

2017.6月2日(金)

 

◆牧師講話

 

5・6年生の児童が霊南坂教会の井上牧師のお話を伺いました。本校では宗教教育は行っていませんが、創立者の前田若尾先生が敬虔なクリスチャンであったことからのご縁で、年に1度、牧師講話を行っています。
今年のお話のテーマは「謙愛」でした。まず、前田若尾先生の愛したキリスト教とはどのような宗教なのかということを教えていただきました。次にイエス・キリストが人々にどのように愛を示したのかということを「洗足」という学園名と関連付けながら、わかりやすくお話いただきました。本校の校名である「洗足」という言葉に込められた意味を改めて教えて頂き、洗足学園小学校の児童として日々どのように生活すべきかを再確認した児童たちでした。

児童の日記から
・五時間目に、「牧師講話」がありました。洗足の創設者、前田若尾先生は、どうして洗足学園をつくったのか、名前の由来(キリストが、弟子の足を洗ったことから)を教えて頂きました。洗足学園小学校の生徒なので、創設者の前田若尾先生のことや、精神を知ることができ、よかったなぁーと思います。校歌の意味がわかって、よかったと思います。
(5年女子)

・五時間目の授業で、赤坂の霊南坂教会の方にお話をしていただきました。宗教は、あらゆるものが存在する意味を明確にするものだそうです。哲学と少し似ているな、と思いました。前田若尾先生がクリスチャンで「洗足」がイエス・キリストが弟子の足を洗ったことから来ていると初めて知りました。これからも互いに思いやったり大切にしあったりすることを忘れないようにします。
(5年男子)

牧師講話1

 

2017.6月2日(金)

 

◆委員会活動

 

本校では、非常食を備えることで、世界の飢餓救済の活動に参加できる「救缶鳥プロジェクト」に参画しています。
今回、非常食用の缶入りパンを世界の飢餓に苦しむ人々に送ることになりました。そこで、ボランティア委員会に所属する児童が手分けし、義援先の国々の復興を願って、丁寧に150個の缶にメッセージを書き込みました。 。

児童の日記から
・委員会活動がありました。今日は、学芸会で募金した総額を精算しました。結果、34943円集まりました。募金してくれた方々、ありがとうございました。また、募金活動のことについては、国語の「未来をよりよくするために」という意見文を書くことについても使おうと思います。世界中の人達が、幸せに過ごせたら良いな、と思いました。
(6年女子)

委員会活動1委員会活動2

 

2017.5月30日(火)

 

◆代掻き

 

2年生が、1週間後の田植えに向けてビオトープにある水田の代掻きを行いました。代掻きは、土が平らに、そして柔らかくなるように、足で土を踏んでいきます。栄養が混ざって元気な土になるようにと、何度も土を踏みました。子どもたちは、水田のドロドロの土の感触を「何これ~!」「ぎゃー!」という悲鳴を上げながらも楽しんでいました。
保護者の方に、子どもたちの体洗いや後片付けを手伝っていただき、無事に代掻きを終えることができました。

児童の日記から
・はじめてしろかきをやりました。どろ水に入ったら、すごく気もちよかったです。しろかきはたんぼをたがやして、稲をうえられるじゅんびをするためです。稲をうえるのが楽しみです。
(2年女子)

・しろかきがありました。おもったよりどろどろになったけれどたのしかったです。田うえをするまえにしろかきをするのはすごく大じです。
(2年男子)

代掻き1代掻き2

 

2017.5月29日(月)

 

◆6年生社会科見学

 

6年生の児童が社会科見学で、「国会議事堂」、「憲政記念館」、「最高裁判所」へ行きました。 国会議事堂では、「模擬国会」を体験しました。実際に法令ができるまでを、大臣役・委員役・委員長役・議長役などに代表児童が分かれて演じました。最後は全員で票を投じ、実際の国会の様子を体験することができました。体験後、実際に参議院の議場を見学することができました。
憲政記念館では日本国憲法施行70周年を記念した特別展示もあり、児童は目を輝かせて展示物を眺めていました。
最高裁判所は大法廷を見学し、実際の裁判の様子や建物のことを学習しました。最高裁判所の威厳のあるたたずまいに、司法の最高機関であることを実感させられました。児童は積極的に質問をし、大変有意義な時間を過ごしました。

児童の日記から
・社会科見学で国会議事堂と最高裁判所に行きました。社会科見学を終えて私が家のテレビでニュースを見ていたら国会議事堂で、しかも今日行ったところがテレビに出ていたのでびっくりしました。「私は今日、こんなところに行ったんだ!」という嬉しさがありました。
(6年女子)

・今日、社会科見学に行きました。今日は「国会議事堂」と「最高裁判所」に行きました。国会議事堂では、実際の国会の様子を体験しました。とても本格的でびっくりしました。最高裁判所は、五つの裁判所に分かれています。それは、地方・家庭・簡易・高等・最高です。こんなに分かれているとは思いませんでした。とても楽しかったです。
(6年男子)

6年生社会科見学16年生社会科見学2

 

2017.5月29日(月)

 

◆5年生社会科見学

 

5年生の児童73名が、JFEスチール東日本製鉄所と日産自動車追浜工場を見学させて頂きました。自動車工場では、ロボットが動いて自動車を組み立てている様子に児童も興奮を隠しきれない様子でした。製鉄所内の厚板圧延工場では、鉄が近づいて来るたびに感じられる「熱気」や、水しぶきの「音」に皆、驚愕していました。教室で学習した内容や、実物を「体感する」学習ができました。JFEスチール東日本製鉄所の皆様、日産自動車追浜工場の皆様、ありがとうございました。

児童の日記から
・今日は、社会科見学でした。午前中は追浜工場(NISSAN)へ行きました。車は主に圧造→車体(溶接)→塗装→組立→検査→配送の順でつくられています。今回は、組立工程を見学しました。一台の車に三千ヶ所という作業、検査が七百ヶ所以上必要とのことで、圧倒されました。
製鉄所は、圧延する作業は迫力があり、実際に見学したことで、製鉄所の仕組みがよく理解でき、とても有意義な一日でした。
(5年女子)

・社会科見学に行ってきました。僕たちが歩いて見学した製鉄所の圧延工場では1200℃の鉄の塊をうすくのばす為に巨大なプレス機で160万tもの圧力の水を打ちつけます。そのときにひびく「ドドォォォン!」という耳をつんざくような音に一瞬、びくっとしてしまいました。また、1200~1500℃の鉄はオレンジや黄色に見え、熱が伝わってきました。1200℃はとてつもなくすごいと思いました。
(5年男子)

5年生社会科見学15年生社会科見学2

 

2017.5月26日(金)、27日(土)

 

◆学芸会

 

学園内の大音楽ホールである「前田ホール」にて学芸会を行いました。本校では、児童向けと保護者の方向けとして2日間学芸会を行っています。この1か月間子どもたちは一生懸命練習を積み重ね、1・4・6年生は合唱や合奏を、2・3・5年生は劇を作り上げました。全員が精一杯にそれぞれの役割を果たそうと頑張り、どの学年、クラスもとても素敵な発表をすることが出来ました。6年生は裏方としても様々な係を担当し、受付でのご案内係やボランティア委員の募金活動などを精力的にこなしました。

児童の日記から
・学芸会第2部でした。昨日よりはきんちょうしなくなったけれどドキドキしていました。みんなと力をあわせてがんばろうとやくそくしました。何よりも大事なのがあきらめないで最後までやりぬくことです。みんなそれを守ってげきをしたら大成功でした。とってもきんちょうしたと思うけれど最後までがんばろうとしたから成功したのだと思います。
(3年女子)

学芸会1学芸会2
学芸会3学芸会4

 

2017.5月2日(火)

 

◆こいのぼり

 

学園の正門を入ったシルバーマウンテン前、たくさんのこいのぼりが泳いでいます。

児童の日記から
・校門の前に飾ってあるこいのぼりを見ました。どれもいろいろな色で、きれいなこいのぼりばかりでした。春のそよ風に乗ってのびのびと泳いで いる姿は、私たちに元気を与えてくれます。「今日もがんばってね。」と話しかけてくれるようにも感じます。こいのぼりたちが自由に泳げる期間 は短いけれど、大空いっぱい自由に泳いで、見ている私たちを笑顔にしてほしいです。
(4年女子)

・「サーサー。」風に揺れるのは、一年生から6年生までが描いたこいのぼりだ。青、赤、緑、さまざまな色のこいのぼりがなびく中で、ぼくの目についたのは、パンダのこいのぼり。何年生だろう?頭を使ったに違いない。黒一色をぬっただけだからだ。雨に降られた時もあるけれど、晴れ上がった時は、雲一つない青空に500匹ものこいのぼりが気持ちよさそうに泳ぐ姿が壮大だった。
(4年男子)

こいのぼり

 

2017.5月2日(火)

 

◆学校探検

 

「次はどこに行きたい?」、「ビオトープではもち米を育てるんだよ!」 2年生と1年生が手を繋いで、学校の中を探検しました。入学してから1ヶ月しか経っていない1年生は、学校の中にも知らない場所がまだまだたくさんあります。そんな1年生の手を引いてガイドを勤めるのが2年生です。学校探検の間、優しい話し方や、しっかりした案内、時間管理に気を付ける2年生を見ていると、1年間の成長が感じられます。1年生にとっては、立派なお兄さん、お姉さんに見えたことでしょう。学校探検の様子を見ていると、夏休みに1,2年生が学校で一晩過ごす「夏の学校」が早くも楽しみですね。

児童の日記から
・今日は、学校たんけんがありました。色いろなせつめいをしながら一年生といっしょにたんけんしました。一年生にたのしんでもらえてうれしかったです。
(2年男子)

・今日、学校たんけんでわたしたちがおしえるばんでした。すこしどきどきしたけれど、せいこうできてよかったです。たのしかったです。
(2年女子)

学校探検1学校探検2
学校探検3学校探検4

 

2017.4月27日(木)

 

◆受験体験座談会

 

今年も受験体験座談会が行われました。この春に卒業した卒業生保護者4名をお迎えして、受験に関する質問にパネルディスカッション形式でお話しいただきました。これから受験を控えている高学年生の保護者から低学年生の保護者まで、200名近くの方が出席され、熱心に耳を傾けていらっしゃいました。
事前にいただいた質問事項をもとに、通塾するまでの学習内容や塾と学校との両立について、また一日の時間の使い方から子どもとの関わり方まで細かくお話いただきました。
実際に受験を経験された保護者の方の貴重な体験談を聞くことで、在校生保護者の方には大変参考になったようです。

受験体験座談会1受験体験座談会2

 

2017.4月12日(水)

 

◆交通安全教室

 

今日は交通安全教室で1・2年生が道路の歩き方を学びました。はじめに高津警察署のおまわりさんのお話を聞きました。つぎに交通安全指導員の先生から信号の意味、歩道の歩き方などの説明を受けました。クイズを楽しみながらも、しっかりと考え安全な歩き方を確認しました。後半は校庭の練習コースを使って、学んだことを実践しました。横断歩道では手をピンと伸ばし「右、左、右」と安全を確かめ上手に歩くことができました。学んだことを生かして安全に気を付けて歩いてほしいと思います。

児童の日記から
・今日は、こうつうあんぜん教室がありました。ぼくは、じてん車にのることが多いので、気をつけてじてん車にのりたいと思いました。車、ほこうしゃ、しんごうに気をつけます。
(2年男子)

・こうつうあんぜん教室がありました。ひょうしきや、おうだん歩道のわたり方を教わりました。これからおうだん歩道をわたるときに、今日教わったことをきちんとやりたいです。
(2年女子)

交通安全教室1交通安全教室2
交通安全教室3

 

2017.4月10日(月)

 

◆対面式

 

全校朝会で、新1年生と在校生との顔合わせの式「対面式」が行われました。入学からまだ3日しか経っていませんが、1年生はやや緊張しながらも、にこにこしながら上級生の前であいさつが出来ました。毎年恒例の2年生からのプレゼント「アサガオの種」を大切に育てて、立派な花を咲かせたいですね。

対面式1対面式2

 

2017.4月5日(水)

 

◆入学式

 

今年は朝から青空が広がり、学園の桜も少しずつつぼみが開き始める中での入学式となりました。
緊張していた様子の1年生も受付で新入生の到着を心待ちにしていた6年生とお話する中で、だんだんと笑顔が広がっていきました。6年生と手をつなぎ、立派な1年生として大きな期待を胸に、堂々とホールに入場しました。これからはじまる学校生活に期待が膨らみますね。

児童の日記から
・今日は入学式がありました。受付で一年生預って、一年A組に行って、一緒に折り紙をしました。やさしく折り方を教えてあげることができたので、よかったです。並んで入場を待っているときも、学校の色々なことを教えてあげました。手をつないで入場するときは、ゆっくりと転ばずに歩くことができました。一年生に学校生活をたくさん楽しんでほしいです。
(6年男子)

・今日は、始業式&入学式でした。先生は、そこまで大きく変わった所がなく、ほっとしました。入学式で担当した一年生は可愛くて、いやされました。それでも、何を話しかければいいかな~とか、そろそろトイレに行った方がいいかな~とか、いろいろ気も使って頑張りました。私は低学年のころ上級生にやさしくされるとうれしかったので、一年生と仲良くしたいです。
(6年女子)

入学式1入学式2
入学式3入学式4