洗足学園小学校

先生のレポート

 

2019.2月4日(月)

 

◆縄跳び大会

 

気持ちのよい青空のもと、低学年の縄跳び大会が行われました。朝の縄跳び練習に加え、休み時間も練習を重ねていた子どもたち。「練習では15分続けて跳べたから、今日も最高記録の優勝めざすぞ」と意気込む姿も見られました。それぞれが思い思いの種目に分かれて、計測がスタートするとみんな真剣な表情です。自分の種目が終わった後は、まだ跳び続けているお友だちに声援を送りました。これまでの練習の成果をしっかり出せて、跳び終わった後はみんな満足した表情になっていました。寒さに負けずに、春を迎えることができたでしょうか。

児童の日記から
・なわとび大会でした。うしろあやで二位でした。自分の力を出しきったので、まん足するとともに、ショックでした。これが自分の力なんだと思いしらされ、悲しかったです。来年も同じ種目でいきます。くやしかったです。
(2年男子)

・なわとび大会がありました。けっかは十一分六びょうでゆうしょうしました。十五分はとべなかったけれど、ゆうしょうできてうれしかったです。今日は十一分しかとべなかったので来年は十五分とびたいです。
(2年女子)

・ぼくは、今日なわとびたいかいで五位になりました。いっぱい二年生がゆうしょうしていたので、らい年は、ぼくたちがたくさんゆうしょうしたいです。
(1年男子)

・なわとび大会のまえあやでもうすこしというところでひっかかってしまったのでくやしかったです。またらい年まえあやにちょうせんしたいです。
(1年女子)

縄跳び大会1縄跳び大会2         

 

2019.1月31日(木)

 

◆激励会

 

明日の中学入試を前に、6年生のための激励会が行われました。6年生の児童は、校長先生をはじめ歴代の担任の先生方から励ましの言葉をいただきました。1~5年生の後輩たちが、今までお世話になった6年生のために心を込めてお守りを作り、手渡しました。
全校児童、先生方全員で6年生を拍手で送り出したとき、とても寒かったアトリウムは熱気に包まれ、引き締まった表情の6年生が元気よく出発して行きました。

激励会1激励会2
激励会3         

 

2019.1月23日(水)

 

◆3年生社会科見学「日本民家園」

 

3年生が「むかししらべ」の学習で、社会科見学として日本民家園へ行きました。日本民家園では東日本の代表的な民家を見学しました。授業で学習した「茅葺屋根」の寄棟・入母屋・切妻も本物を自分の目で見ることで、理解を深めることができました。また石置板葺きや茅葺、瓦葺など屋根の違いも観察しました。子どもたちはいろりの火で冷えた体を温めながら、昔のくらしについてお話を伺い、昔の生活を肌で感じた貴重な見学となりました。年中行事の展示として、小正月飾りも見ることができました。

児童の日記から
・「昔のくらし」の社会科見学で日本民家園へ行きました。全30戸ほどの古民家を見たり、実さいに上がったりしました。中には昔の道具がたくさん展示されていました。名前を聞きそびれた道具があったので、家に帰ってから調べました。それは「ぜにます」という道具で、お金をすばやく数えるためのものでした。見ただけでは、そのような使い方なんておもいつきもしませんでした。
(3年男子)

3年生社会科見学「日本民家園」13年生社会科見学「日本民家園」2
3年生社会科見学「日本民家園」33年生社会科見学「日本民家園」4         

 

2019.1月22日(火)

 

◆洗濯板での洗濯

 

今日はくらしの社会「昔さがし」の実習で、洗濯板を使っての洗濯を実際に体験しました。今まで、昔の人たちの生活を学習したり、様々な資料を使って想像してきましたが、今日は実際に体験してみる時間でした。寒い日に冷たい水の中、洗濯板を使って手でこする洗濯は、さぞ同じ姿勢が疲れ、腕の力も使ったことでしょう。最初は楽しそうだった子どもたちも、徐々に「寒い」「足がしびれた」「水汲みは大変!」などと言い始め、昔の人たちの暮らしを少しだけ垣間見た気分の1時間でした。

児童の日記から
・ライフ社会で、洗濯板を使ってくつ下を洗濯しました。とても手がつかれました。今日は、気温が高く、暖かいけれども、今の6年生がした時の気温は低く、雪が降っていたそうです。しかも、水がとても冷たくで大変でした。今の6年生はとても寒い中とはいえ、何分かしかやってないけれども、昔の人は一日中やっているので、とても大変だったのだと思います。
(3年男子)

洗濯板での洗濯1洗濯板での洗濯2         

 

2019.1月17日(木)

 

◆4年生 天体観測

 

すっかり冬の恒例となった、理科の天体観測会が行われました。「かわさき宙と緑の科学館」から先生をお招きして、星についての講義を受けたり、大きな望遠鏡で星を観たりしました。夜まで学校に残るだけで嬉しくてはしゃいでしまう4年生。講義が始まるとしっかり話を聞き、校庭に出てからの観測会では望遠鏡で覗くだけでなく、星空を眺めて人工衛星を見つけるなど、冬の星空を満喫しました。幸いお天気も良く、冬の大三角形、すばる、月や火星といった天体の観測を十分に行うことができました。

児童の日記から
・今回の天体観測をやって星が大好きになりました。理由は簡単です。星がきれいだったからです。とくに僕の心に残ったのは月でした。月のクレーターです。肉眼で見るととくに思わないけれど、望遠鏡で見るとこんなに月が美しいなんて、と思いました。今度からは星をどうでもいいと思わないでじっくり見て星座を見たしゅんかん分かる人になりたいです。
(4年男子)

・見た物は、月、火星、リゲル、ベテルギウス、オリオン大星雲とすばるを見ました。ぼくが一番心に残ったのは、やっぱり月です。理由はクレーターがしっかり見えて心に残ってクレーターからです。楽しかったです。
(4年男子)

・外はとてもさむかったです。望遠鏡で見た月はクレーターまではっきりと見えて面白かったし、火星も見られてよかったです。楽しく星について学べることはとてもいいことだと思います。星を全部見終わったら友達といっしょにしばふにねっころがりながら星を見ていたことが楽しかったです。空にういているみたいでした。
(4年女子)

4年生 天体観測14年生 天体観測2
4年生 天体観測34年生 天体観測4         

 

2019.1月11日(金)

 

◆朝の縄跳び練習

 

朝のラジオ体操後に「縄跳び大会」に向けた練習が行われています。空気が冷たく寒さも厳しいですが、子どもたちは寒さに負けずに黙々と跳ぶ練習を続けています。縄跳び大会では、1,2,3年生、4,5,6年生に分かれて、種目ごとにどれだけ長く跳ぶことができるかを競い合います。これからコツコツと練習に励み、縄跳び大会本番では、練習の成果を十分に発揮できるといいですね。

児童の日記から
・今年初めて朝のラジオ体操後のなわとび練習(4年生~6年生)がありました。私は昨年のなわとび大会で1秒差で優勝できなかった二重とびで練習してみました。タイム計測の時、昨年優勝した5年生がいたので、今日は一番になれないかもと思っていましたが、計測すると二重とびを選んだ人の中で45秒で一番になれました。これからもっと練習を積み重ねていきたいです。
(4年女子)

・朝、ラジオ体操をした後、4,5,6年生で縄跳び大会の練習をしました。今日は、1回目は前あや跳び、2回目は二重跳びに参加しました。二重跳びは、最近全くやっていなかったから、4,5回位しか跳べなかったので悔しかったです。家で60回以上跳べるようになるまで頑張りたいなと思いました。
(4年女子)

1年生生活科 秋フェスタ1         

 

2018.12月11日(火)

 

◆2年生・5年生の交流

 

5年生が2年生とのお楽しみ会を企画して、一緒に遊びました。来年度、5年生は最高学年として学校を引っ張っていくことになります。そして2年生は本格的に縦割り班の一員として活動に参加することになります。5年生は学級会を使って2年生と楽しく遊ぶためにはどうしたらよいのか考えてきました。事前に2年生の教室に遊びの説明に行ったり、ちょっとしたお土産を用意したりと準備を整えました。当日はうまくまとめられず苦労する部分もありましたが、思う存分体を動かして一緒に楽しんでいました。

児童の日記から
・今日の六時間目に明日の二年と遊ぶリハーサルを行いました。ビンゴ大会の少しスケールが小さいものと鬼ごっこやイス取りの説明をしました。早急に作ったものだったのですが意外と楽しんでくれたので明日二年生とやった時ももっと楽しんでくれると思います。明日がとても待ち遠しいです。
(5年男子)

・「二年生と五年生の交流会」の本番でした。最初の方は順調だったのですが、途中から、予定がくずれてしまいました。そのせいで、鬼ごっこの時間が短くなってしまったり、景品が配れなくなってしまいました。しかし、二年生は楽しんでくれていたようなので、お昼休みをなくして予定を考えたかいがあったなと思いました。うれしかったです。
(5年女子)

・五時間目の特別活動で五年生と遊びました。ビンゴゲームと氷おにをしました。ビンゴでは、景品がもらえなかったけれど、氷おにでは、二回とも最後までにげきれました。ぼくが五年生になった時も二年生にやさしくしたいです。
(2年男子)

2年生・5年生の交流12年生・5年生の交流2
2年生・5年生の交流32年生・5年生の交流4         

 

2018.12月7日(金)

 

◆2年生生活科 お餅つき

 

先日、収穫したもち米で2年生がお餅つきをしました。前日まで雨が続き、外でできるのか心配されましたが、当日は朝から雨が上がり無事にお餅つきをすることができました。5月に種もみをまいて苗を作るところからはじめ、代掻き、田植え、稲刈り、脱穀と続いてきた稲作の集大成です。エプロン、三角巾、マスクをつけて朝から準備万端の2年生。薪の焼けるにおいや蒸しあがったお米の香りが広がり、期待が膨らみます。保護者のみなさまにお手伝いをしていただき、お米をつぶしてから、つき棒でつきました。息を合わせてついていくと、だんだんとまとまっていきおいしそうなお餅になりました。1年生も授業の合間に様子を見に行きました。つきあがったお餅はいそべ餅ときな粉餅にして、おいしくいただきました。食べ物を作ることの大変さを実感できました。手伝ってくださった方々への感謝の気持ちも忘れないようにしましょうね。

児童の日記から
・もちつきをしました。うすに入っているむした米をぼうじょうのきねでつきました。お手伝いのお母さんたちが手でもちを返して集めてくれました。ふだん何気なく食べていたもちが、こんなに長い時間と苦ろうを経て出来ていることをはじめて知りました。
(2年男子)

・おもちつきをやりました。いねから大事に育てたお米がついに、おもちになりました。ぼくのお父さんもおもちをつきに来てくれました。うすにむしたもち米を入れて、きねでつきました。わらで神様をむかえるためにしめかざりも作りました。
(2年男子)

・今日は、もちつきがありました。さいしょはお父さんたちがやってくれて、その後にわたしたちが木のぼうで、おもちをやわらかくしました。スーパーのおもちとはすこしちがってつぶつぶがありました。やはりがんばってついたおもちのほうがおいしかったです。
(2年女子)

2年生生活科 お餅つき12年生生活科 お餅つき2
2年生生活科 お餅つき1         

 

2018.12月4日(火)

 

◆1年生生活科 秋フェスタ

 

木の実や木の葉を利用した工作を使って、1年生が秋フェスタを開催しました。各クラスでどんなお店を出そうか話し合い、チームを作って約一か月のあいだ工作をしてきました。当日は、どんぐりゴマや木の実のアクセサリーを売っているお店や、くっつく草の実を使ったダーツなどさまざまな種類のお店が並びました。子どもたちは秋フェスタ用のチケットを使って、クラスを行き来して楽しみました。早々にチケットを使い切ってしまう人もいれば、じっくり見てまわってからお店で買い物を楽しむ人もいました。用意した工作がほとんどなくなってしまうチームもあり、大満足の秋フェスタになりました。

1年生生活科 秋フェスタ11年生生活科 秋フェスタ2
1年生生活科 秋フェスタ31年生生活科 秋フェスタ4
1年生生活科 秋フェスタ5         

 

2018.11月27日(火)

 

◆1年生生活科 はがきづくり

 

1年生が牛乳パックではがきづくりをしました。先週から牛乳パックを切り開き、水に浸し、ビニールをはがして紙のもとを用意してきました。ミキサーで牛乳パックをドロドロにしたものを出すとびっくり。まずは手を入れてふわふわの感覚を味わいました。次に紙漉きで紙のもとをすくい上げます。ちょうどよい厚さになったらきれいな葉っぱや千代紙を入れました。水をよく絞って教室の窓で乾かします。明日には素敵なはがきができていることでしょう。身近なものでリサイクルを学ぶことができましたね。

1年生生活科 はがきづくり11年生生活科 はがきづくり2
1年生生活科 はがきづくり3         

 

2018.11月19日(月)

 

◆3年 社会科校外学習

 

社会科の校外学習のため、3年生が王禅寺処理センターと長沢浄水場へ行きました。王禅寺処理センターではごみ収集車からごみが降ろされる様子や、大量のごみをクレーンで焼却炉に運ぶ様子、資源ごみを手選別する様子などを見学しました。長沢浄水場では、浄水場に運ばれてきた水が様々な工程を経てきれいな水になっていく様子を模型や実物を見て学習しました。お忙しい中職員の方が丁寧に説明して下さり、児童にとって考えることの多い 1日となりました。

児童の日記から
・社会科見学で、王禅寺処理センターと長沢浄水場に行きました。王禅寺処理センターでは、焼却炉でゴミを燃やしていて、焼却炉の中は900度以上だそうです。ぼくが一番心に残った言葉は、分別の時に「他人がやってくれるから、自分はやらなくていいなどの考え方を捨てる」です。これは、ほとんど何にでも使える言葉なので大切にしようと思います。
(3年男子)

・王禅寺処理センターと長沢浄水場に見学に行きました。王禅寺処理センターでお話されていたのは、うめたて地をもう一つ作ることが国に許可されていないのに、うめたち地はあと35年しかもたない、と言われている事です。うめたて地を長く使うには、一人ひとりが分別や再利用などに気を配る事が大切だと思います。私も、協力していこうと思います。
(3年女子)

・王禅寺処理センターと長沢浄水場へ行きました。王禅寺処理センターでは、900度以上の温度でゴミをもやしていたり、きけんゴミの物(はもの)をふつうゴミに出して、うめたて地がいっぱいにならないようにするため、川崎市の市みんに「分べつはきちんとしてください。」といっているそうです。今日見学ができていろいろな事がわかりました。私もきちんと分べつしようと思いました。
(3年女子)

3年 社会科校外学習13年 社会科校外学習2
3年 社会科校外学習33年 社会科校外学習4
      

 

2018.11月19日(月)

 

◆2年生生活科 洗足郵便

 

11月16日から「洗足郵便」がはじまりました。2年生は10月の郵便局見学から衣装や配達鞄、区分機などを3週間かけて用意しました。洗足郵便で使用されるオリジナルはがきには2年生の切手コンテストで人気だったデザインが採用されています。
初日はいろいろな学年からはがきを購入する人が来て、売り切れてしまう盛況ぶりでした。同じクラスのお友だち以外にも、ほかの学年のお友だちや先生へお手紙を書く人もたくさんいて毎年の楽しみになっています。1年生ははじめての郵便にわくわく、3年生以上はちょっと懐かしそうに参加しています。2年生の初々しい郵便屋さんは「緊張するなぁ」と校長先生にお手紙を手渡ししていました。

児童の日記から
・洗足ゆうびんがはじまりました。私たちが作ったいしょうとぼうしをきて行きました。私たちははんばいなので、いしょうはきませんでしたが、楽しかったです。
(2年女子)

・今日の昼休みに洗足郵便のはいたつをしました。五年生の人にとどける手紙があったのでドキドキしたのですが自信をもって言葉をがんばって言えたのでよかったです。次は明日なのでがんばろうと思います。
(2年女子)

・ゆうびんやさんごっこが今日からはじまりました。ぼくは、しゅうせきと、はいたつがかりでした。一まいは校長先生へのお手紙だったので、少しきんちょうしました。でも校長先生はお手紙を見て、少しわらっていたので、うれしかったです。
(2年男子)

2年生生活科 洗足郵便12年生生活科 洗足郵便2
      

 

2018.11月8日(木)

 

◆スポーツ大会

 

雲ひとつない青空のもと、新スポーツ大会が開催されました。 昨年度までと異なるのは、縦割り班で「大縄跳び」「ドッジボール」の2種目に取り組み、総合得点で順位を争うというところ。 大会前日まで縦割り班で練習をしたり、縦割りランチでは、6年生が下級生にアドバイスしたりする場面も見られました。 この行事を通じて、学年という垣根を越えて、児童同士がきずなを深めることができました。

児童の日記から
・今日は一時間目から五時間目までスポーツ大会がありました。今年から形式が変わり、縦割り班ごとで、大縄跳びとドッジボールをすることになりました。大縄跳びは四十五、六回跳びました。ドッジボールでは一試合目は二斑に負けましたが、二試合目からどんどん勝ち続けました。しかし決勝で八班に負けてしまいました。中学年は優勝したそうです。チームワークが深まったと思います。
(6年男子)

スポーツ大会1スポーツ大会2
      

 

2018.11月6日(火)

 

◆1年生生活科 スイートポテト作り

 

先日、収穫したサツマイモでスイートポテトを作りました。まずはゆでたサツマイモをビニール袋に入れてつぶします。あつあつなので、タオルでくるんで潰しました。しっかり潰れたら、バターや砂糖、卵黄、生クリームを入れてさらにもみもみ。あまぁい香りが広がり、作っている最中から笑顔がこぼれます。袋を切って、アルミカップに盛りつけたら、飾りつけをしてオーブンで焼きました。 「一個は食べて、残りは持ち帰ろうかな。」「この大きいのは、先生にあげるね。」 そんな言葉を聞いてやさしい気持ちになりました。 お手伝いをしてくれた保護者の皆様ありがとうございました。

1年生生活科 スイートポテト作り11年生生活科 スイートポテト作り2
1年生生活科 スイートポテト作り31年生生活科 スイートポテト作り4         

 

2018.11月2日(金)

 

◆募金活動

 

ボランティア委員会の児童が北海道胆振東部地震のための赤十字募金に参加し、溝の口駅前で活動しました。募金活動のたびに、どこでどんなことで困っている人がいるかを考えながら話し合いをすすめてきました。事前に募金箱やポスターを作成するなどの準備を重ね、はじめは緊張していた児童もだんだんと大きく揃った声をかけることができました。限られた時間の中、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

児童の日記から
・ボランティア委員で校外活動をしました。まだみんなが学校に残っている中、帰り支度をして仲間と学校を出るだけでわくわくしました。駅前についてはじめに箱を持って声を上げた時には一円も集まらなかったらどうしようと思ったけれど結果は9521円くらいは集まったと思います。協力してくれた人達にありがたいなぁと思いました。
(5年女子)

・今回は北海道胆振東部地震の募金をしました。南武線や田園都市線、大井町線が駅に到着した時に人がたくさん通りました。高齢の方から若い人までご協力して下さいました。「頑張ってねー」とか「お疲れ様です」とか言って下さる方に私は「北海道の人のためです」と心の中で言いました。
(5年女子)

・溝の口駅で募金活動をしました。今回は北海道にお金を送ることにしました。赤十字のバッジもつけてしました。募金してくれる時に「がんばってね」や「ご苦労さま」などと言ってくれるのもうれしかったです。今日はとても楽しかったです。次の募金も楽しみです。
(5年女子)

募金活動1募金活動2
募金活動3

 

2018.10月30日(水)

 

◆1年生生活科 東高根森林公園

 

青々と晴れた青空のもと、1年生が秋探しに東高根森林公園へ行きました。森林公園の入り口から冬芽はあるかな、どんな木の実があるかな、葉っぱの色はどうなっているのだろうと興味津々の様子。カードに見つけたものを描きながら進みました。芝生が広がる古代広場では色々な種類のどんぐりや、どんぐりの帽子を見つけました。種類によって形や大きさが違うのはおもしろいですね。顔より大きな朴の木の葉っぱを見つけてお面にする子どももいました。さまざまな秋を見つけられて楽しかったですね。

1年生生活科 東高根森林公園11年生生活科 東高根森林公園2
1年生生活科 東高根森林公園31年生生活科 東高根森林公園4
1年生生活科 東高根森林公園51年生生活科 東高根森林公園6

 

2018.10月29日(月)

 

◆2年生生活科 郵便局見学

 

2年生の生活科では2学期に「洗足郵便」を行います。みんなで切手のデザインや、衣装を考えて各クラスオリジナルの郵便局が開局します。郵便局を開局するにあたって、自分たちの書いたはがきを持って、高津郵便局へ見学に行きました。郵便はどのように届くのか、どのように仕分けをするのかなど様々なお仕事を見学しました。「消印」をすごい速さで押す機械が子どもたちの印象に残ったようです。これから開局する洗足郵便のお仕事にいかせるといいですね。

児童の日記から
・一から四時間目、高つゆうびんきょく見学へ行きました。一番すごいなと思ったところは、高そくでお手紙を人の手でもきかいでも、はんこをおしていたところです。色々ひみつがいっぱいありました。またいきたいです。
(2年男子)

・高津ゆう便局を見学しました。一番びっくりしたのは、バイクは九十台、車が四十台もあったことです。配る物がたくさんあるんだな、と思いました。丸いポストは今でもあるんだな、とも思いました。本物を見てみたいです。
(2年男子)

2年生生活科 郵便局見学12年生生活科 郵便局見学2
2年生生活科 郵便局見学32年生生活科 郵便局見学4

 

2018.10月26日(火)

 

◆1年生生活科 いもほり

 

気持ちよい秋晴れの下、春に植えたサツマイモの収穫を行いました。まずはうねうねと伸びたサツマイモのつるをみんなで引っ張ります。春は手で持てるような大きさの苗でしたが、もう子どもたちの背丈の何倍もあるような長さになっていました。つるをとった後は、お芋ほりです。つるが出ている根元をみんなで掘ると立派なサツマイモがいくつも収穫できました。再来週は収穫したサツマイモでスイートポテトづくりです。今から楽しみですね。

1年生生活科 いもほり11年生生活科 いもほり2
1年生生活科 いもほり31年生生活科 いもほり4

 

2018.10月19日(金)

 

◆2年生生活科 稲刈り

 

涼しい空気が気持ちよく感じられるようになってきた19日に、2年生がビオトープで稲刈りを行いました。6月の田植えのときには細くて弱弱しかったイネが、夏の猛暑や台風にも負けずに大きく育ってくれました。学園の草花の管理をしてくださっている青木先生から稲の刈り方や鎌の使い方を教わったら、田んぼに入って稲刈りです。最初はぎこちなかった鎌の扱いは、徐々にコツをつかみ、上手に稲を刈れるようになりました。刈った稲穂は、保護者の方々が束ねて室内に掛け干ししていきます。「早くたべたいな。」と早くもお餅つきが楽しみな様子の笑顔の子どもたち。青木先生、お手伝いをしてくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

児童の日記から
・いねかりをしました。今日いねかりをした米は、もちになります。青木先生やお母さんたちがてつだいをしてくれました。青木先生は、いねを切ることをおしえてくれました。どろは、ベチャベチャしてさいしょは気もちわるいなと思いましたが、だんだんとたのしいなという気もちになりました。おわったときに、なんのあじのもちをたべようかと思いました。
(2年男子)左の絵日記です。

・いねかりをしました。わたしが一ばんこわかったところは、かまで「ザクッ」と切るところです。うれしかったところは、かまでゆびを切らなかったところです。前回のしろかきのときよりも、どきどきしましたが、よりたのしかったです。一ばんたのしみなのは、もみすりをして、おもちつきをすることです。おもちをたべることが、とてもたのしみです。
(2年女子)右の絵日記です。

2年生生活科 稲刈り12年生生活科 稲刈り2
2年生生活科 稲刈り32年生生活科 稲刈り4

 

2018.10月18日(木)

 

◆4年 理科校外学習

 

4年生が理科の校外学習として、多摩川中流へ行きました。沢井駅~御岳駅間を川に沿って歩き、侵食地形や石を観察しました。橋の上では、曲がっている川の様子を見て、内側と外側の違いを考察しました。川原では、石灰岩、チャート、砂岩、ギョウカイ岩などを見つけることが出来ました。自分の目で見て、自分の手で触って、川の流れ、流れの速さ、石の様子等を観察できた有意義な学習となりました。

児童の日記から
・多摩川の上流の方へ行きました。沢井駅から駅を川沿いに歩きました。水が下流より澄んでいて、川が浅そうでした。草は、川の流れと同じ向きに傾いていました。蛇行している所には本当に、内側には川原、外側にはがけがありました。川原には色々な大きさの岩や石がありました。色々な種類の石が持って帰れて石に興味を持ちました。
(4年女子)

・今日は多摩川中流で校外学習がありました。今日の多摩川の水はすんでいました。流れは速かったです。特に思い出に残っているのは、昼食後です。岩を登る時は、友だちに助けてもらいました。石は石灰岩が大量にあったので、丸い石灰岩を持ち帰りました。
次は、家族で石投げ、岩登り、釣りがしたいです。とっても楽しい校外学習だったと思いました。
(4年男子)

4年 理科校外学習14年 理科校外学習2

 

2018.10月16日(火)

 

◆音楽鑑賞会

 

5・6時間目に、小学校オーケストラを指導されている先生方による音楽鑑賞会がありました。今年は1年生から6年生まで全校児童が前田ホールに集まり、音楽の教科書に載っている曲を聴かせていただきました。一度は聴いたことのある曲を実際に生のオーケストラで聴くことのできた貴重な体験になったと思います。最後のラデツキー行進曲で、どの児童も楽しそうに手拍子をしながら聴いていたのが印象的でした。

児童の日記から
・今日は五、六時間目に音楽鑑賞会がありました。今年だけ、同じ縦割り班の二年生と一緒に鑑賞しました。最初のトレアドールは、チェロをやっていた頃を思い出してなつかしく思いました。一番気に入ったのはハンガリー五番です。これはぼくが二年生の時にサントリーホールで弾きました。かっこいい曲です。二年生も楽しがっていました。二年生ときずなを深められました。
(6年男子)

音楽鑑賞会1音楽鑑賞会2

 

2018.10月2日(火)

 

◆被爆体験伝承講話

 

平和学習として3、4、5年生を対象に「被爆体験伝承講話」が行われました。被爆体験をより多くの人々に伝えるための活動をしている、伝承者の東野真里子さんにお越しいただき、東野さんのお母さん(お話の中では「ちいちゃん」)が、実際に体験した原爆についてのお話をしていただきました。戦争を体験したことのない子どもたちにとっては、衝撃的な内容もあり、一人一人の心に残る貴重な体験となりました。

児童の日記から
・今日の5、6時間目には被爆者の方の話を聞きました。一番印象に残ったのは、川下の方の学校の教室の中でちいちゃんのお母さんが見つかったことです。僕は去年の夏休みに実家の鹿児島県へ行って、知覧特攻基地へ行ったことがあります。そこでも戦争の悲惨さを感じましたが、改めて実感しました。平和が一番なので、大切にしていきたいです。
(5年男子)

・今日戦争の話を聞きました。この話を聞いて私は戦争は二度とおこってはいけないと思いました。1945年8月6日の朝広島市にリトルボーイという原子爆弾が落とされ多くの命がうばわれつみのない赤ちゃんまで死んでしまいました。薬がないので苦しんでいる人も助けられません。戦争は人の命をうばうおそろしいことだと思います。今のような、ぎじゅつが進んだ世界が戦争をしたら大変なことになると思います。
(4年女子)

・今日は5、6時間目に原爆のことを話しに、広島から伝承者の方が来てくれました。私は今日、戦争の苦しみを教えてもらって、もう二どと戦争をしたくないと思いました。血だらけになっている人の絵を見て、とてもかわいそうでした。私はしょう来、人を助ける仕事につけたらいいなあと思いました。世界がずっと平和でいられるといいです。
(3年女子)

被爆体験伝承講話1被爆体験伝承講話2