洗足学園小学校

先生のレポート

 

2018.3月13日(火)

 

◆卒業式

 

第64回卒業式が行われました。素晴らしい天気に恵まれたこの日、大学音楽ホールの厳かな雰囲気の中、6年間の思い出がよみがえった卒業生の多くが涙を堪える事が出来なかったようでした。下級生の中にも、お世話になった6年生を想い、涙する子も多く見られました。
式の最後には、小学校オーケストラが、卒業生の前途を祝したお祝い演奏「威風堂々」を披露しました。午後には卒業生の保護者の皆さんが、私達教職員のために謝恩会を開いてくださいました。私達にとっても、卒業生と最後に楽しい思い出を作る良い機会になりました。

児童の日記から
・初めて卒業式に出席しました。今まで、一、二年生の時にも六年生を見送ってきました。その時は、そんなにたくさん悲しいとは思いませんでした。でも今回、前田ホールで六年生が卒業証書をもらうのを見ていたら、かっこいいなとも思ったし、お世話になった事など、いろいろ思い出してきました。三年後、ぼくもみんなに思い出してもらえる六年生になりたいです。
(3年男子)

卒業式1卒業式2
卒業式3卒業式4

 

2018.3月12日(月)

 

◆6年生小学校オーケストラ ミニコンサート

 

3月12日(月)に6年生のオーケストラによる最後の演奏会がありました。 広間には多くの児童が集まり、6年生の演奏を笑顔で聞き、「ラデツキー行進曲」では手拍子を入れて場を盛り上げました。
6年生が堂々と前を向いて演奏に力を注ぐ姿は、成長を感じさせてくれると共に明日には卒業してしまう寂しさもあります。 6年間の小学校生活への感謝を込めた演奏会となり、在校生の心にも残ったのではないでしょうか

6年生小学校オーケストラ ミニコンサート16年生小学校オーケストラ ミニコンサート2

 

2018.3月9日(金)

 

◆6年生を送る会

 

今日は「6年生を送る会」が行われました。1年生から5年生が、お世話になった6年生に感謝の気持ちを歌や演奏に込めておくりました。
器楽クラブが「明日があるさ」を演奏し、6年生が広間に入場しました。そして、1年生代表による開会の言葉で、会が始まりました。各学年の思い思いの贈り物は、替え歌や、思い出を振り返る内容になっていて、6年生は懐かしい思い出にひたることができました。
6年生は「サクラ」を合唱、合奏し、在校生にお礼の気持ちを贈りました。 6年生と過ごした楽しい日々が次々とよみがえってくる、素晴らしい会となりました。

児童の日記から
・今日は六年生を送る会があったので、いつもより遅い下校でした。4年生と一緒に6年生に向けて呼びかけを行いました。6年生がすごく喜んでくれたので、うれしかったです。ほかにもすごく面白い発表がたくさんありました。また、六年生のリコーダーの演奏は、すばらしかったです。いつまでもこの演奏は、忘れられません。
(3年女子)

6年生を送る会16年生を送る会2

 

2018.3月2日(金)

 

◆アジの解剖

 

「理科好きな子どもを育てる」を目標に掲げている洗足学園小学校の理科授業では、恵まれた施設環境を活用して実験や観察などの体験的学習を多く取り入れ、知的好奇心を引き出す工夫を行っています。週4時間の理科授業のうち2時間は実験を行っているのもその一環です。今日の5年生の実験理科ではアジの解剖をしました。内臓の各部分を知識としては知っていますが、実際に自分の手で取り出し観察をするのは初めての子がほとんどで、「これが肝臓か!」「ここに胃がある!」など驚きや発見の声が飛び交いました。解剖の終わったアジは、隣の家庭科室で保護者の方々が食べやすいように丁寧に手を加えてから焼いて下さりました。一人一匹、解剖したアジを持ち帰り、感謝しながら命をいただきました。

児童の日記から
・今日、1・2時間目の実験で、アジの解ぼうをしました。内臓をとり出すと、一続きになっているのがわかりました。また、胃や腸をさいてみました。本によれば、食べた物が残っていると胃の形がちがうそうです。形のちがいはわからなかったけれど、さいてみたら、胃の方は固まっているものがありました。腸の方はもっとどろどろだったので、消化の過程がわかりました。
(5年男子)

アジの解剖1アジの解剖2

 

2018.2月28日(水)

 

◆委員会紹介

 

洗足学園小学校は、児童に社会の一員としての自覚を持ってもらいたいと考えています。その役割を担う経験を積むために、5・6年生の児童全員が委員会活動に参加しています。
   今日は5年生の児童が、活動内容やそれぞれの委員会が設立された理由などを下級生に説明しました。5年生は、この日のためにipadを活用して準備を重ねてきました。
低学年にとっては、こんなにたくさんの委員会が学校のために活動していることを知る、また中学年にとっては、自分が将来何委員として活動したいかを考える、良い機会になったようです。

児童の日記から
・今日、委員会紹介がありました。前々から、とても楽しみにしていました。私は、衛生検査の劇のチェック係役なので、途中で出てきました。皆が言っていたように、緊張しましたが、とても楽しかったです。ただ、自分はあまりはっきりと大きな声で言えませんでした。でも、見ている人がたくさん笑ってくれたので、「聞こえたのかな」と後で思いました。
(5年女子)

・朝、委員会紹介をしました。環境委員の中で僕は声が小さいので、アイパッドのスライド係を担当しました。スライドは予行のときに時間内に収まりきらなかったので、少し心配でした。予定ではセリフを順に言ってゆくはずだったのですが、意外と他学年による歓声がすごかったので、スライドとセリフを合わせることがとても難しかったです。
(5年男子)

委員会紹介1委員会紹介2

 

2018.2月27日(火)

 

◆2年生生活科見学(川﨑市民プラザ)

 

2年生が生活科見学で、川崎市民プラザに行ってきました。市民プラザの方の案内を聞きながら、スポーツ施設や日本庭園など色々な施設を見学させていただきました。普段は見ることのできない茶室にも今回は特別に入れていただき、「忍者屋敷みたい!」と子どもたちも喜んでいました。
現在は工事中のため使用されていませんが、隣の橘処理センターから出る熱エネルギーを暖房や温水プールとして有効活用していたという、環境に配慮した工夫なども教えて頂きました。子ども達は身近な公共施設の見知らぬ一面に興味津々で、忘れないように今日わかったことや説明してもらった内容などを真剣に書き留めていました。市民の方々がよりよく暮らしていけるように、様々なサービスが提供されていることがこの川﨑市民プラザの見学を通してわかりました。川﨑市民プラザの皆様、大変お世話になりました。誠に有り難うございました。

児童の日記から
・今日は川崎市民プラザへ行きました。セミナールームでは、上からスクリーンが下りてくるところにびっくりしました。ほかにも茶室や温水プールやトレーニングルームがあっていっぱい部屋があるなあと思いました。見学させてくれた市民プラザの人に感謝しています。
(2年女子)

・生活科見学で川崎市民プラザへ行きました。川崎市民プラザはいったことはあるけれど、茶室や体育かん、トレーニングルームがあるなんて知りませんでした。楽しかったです。
(2年男子)

2年生生活科見学(川﨑市民プラザ)12年生生活科見学(川﨑市民プラザ)2

 

2018.2月22日(木)、23日(金)

 

◆オペラ公演「フィガロの結婚」に出演

 

小学生の有志7名が、2月22日、23日に上演されたオペラ公演「フィガロの結婚」に出演しました。 大人に混じっての練習は、大変なことも多々ありましたが、声楽の先生方、保護者の皆様のサポートのおかげで、無事に本番を迎えることができました。(本番中の撮影はできないため、写真は本番直後の様子です。)

児童の日記から
・本ばんのとき、大学生が、小さいこえで「またあえたらいいね。」といっていました。わたしはうれしかったです。らい年もオペラをやりたいです。
(1年女子)

・「オペラの本番」はじめてのオペラが終わりました。はじめは、オペラの舞台はどんな感じかなと思っていました。発声や歌の練習があり、歌を覚えたりもしました。大きい部屋で実際と同じように練習をすることもありました。ゲネプロが始まってからはより緊張感が高まりました。でも、本番の2日とも無事成功できたのでよかったです。とても楽しかったです。
(3年女子)

オペラ公演「フィガロの結婚」に出演1

 

2018.2月8日(木)

 

◆天体観測

 

自然に親しみ、自然を愛する心を育てる事、自然の事物や事象についての理解を図る事を目標に掲げる洗足の理科授業の一環として、「かわさき宙と緑の科学館」から先生をお招きしての天体観測が行われました。学校ではなかなかできない「こんばんは!」という挨拶を先生方にできた4年生の児童は、それだけで嬉しくなってしまったようでした。幸いお天気も良く、予定していた冬の大三角形、すばる、月といった天体の観測も行うことが出来、様々な天体シミュレーション映像を見せて頂いたりすることもできました。

児童の日記から
・今日は夜の6時くらいから星空観察をしました。家の近くで夜空を見上げても、一等星の明るい星しか見えませんが、今日は校庭の上から見ると、より多くの星が肉眼でもきれいに見えました。望遠鏡ですばるを見たら、きれいな星がたくさん集まっていました。べテルギウスはオレンジと赤が混じったような色で燃えているようでした。少し星や月に興味を持てた気がしました。
(4年男子)

天体観測1天体観測2

 

2018.2月5日(月)

 

◆縄跳び大会

 

まだまだ朝の寒さの厳しい中、毎年恒例の「縄跳び大会」が行われました。本校では、1月の朝の時間を使って縄跳びの練習をしています。その成果を披露する場として、低学年、中学年、高学年に分かれて自分で挑戦したい種目を選び、どれだけ長く跳ぶことができるかを競い合います。この日は低学年の大会が行われました。休み時間や、体育の授業で練習を積み重ねてきた子どもたちが、練習の成果を出そうと粘り強く頑張る姿が多く見られました。早く終わってしまった児童も友達の跳んでいる姿を見て、たくさんの声援を送っていました。

児童の日記から
・なわとび大会がありました。なんと、ゆうしょうしました。一分もとんでないので、ゆうしょうじゃないと思ったら、ゆうしょうと先生に言われました。うれしかったです。
(2年男子)

・今日、学校の朝の会の後になわとび大会がありました。わたしは前交さとびに出ました。2分6秒で1位になれたのでうれしかったです。
(2年女子)

縄跳び大会1縄跳び大会2

 

2018.1月31日(水)

 

◆激励会

 

翌日に中学校入試を控えた6年生のための激励会が行われました。6年生の児童が、校長先生をはじめ歴代の担任の先生方から励ましの言葉をいただきました。
3年生から5年生の児童は、縦割り活動で今までお世話になった6年生のために心を込めてお守りを作り、手渡しました。 1~5年生の児童全員で6年生を拍手で送り出した時は、とても寒かったアトリウムが熱気に包まれ、引き締まった表情の6年生が元気よく出発して行きました。

児童の日記から
・激励会が中休みにありました。6年生にお守りを渡すときに、渡し忘れないか心配でしたが、「がんばってね」と言って渡すことができて良かったです。私も来年は受験するんだな、と思って、今の調子だと間に合わないかなと、少しあせってしまいました。無事に、お守りを渡すことができて良かったです。
(5年女子)

・今日、6年生に、お守りを渡しました。明日、入試の6年生。「がんばれ!」という思いを込めて作ったお守りを受けとってもらえて、うれしいです。私が6年生になったら、1月31日は、絶対に学校へ行きたいです。下級生からのお守りを絶対受け取りたいからです。6年生、がんばってください!!
(5年女子)

激励会1激励会2

 

2018.1月29日(月)

 

◆ICT活用のための研修

 

本校では教員の研修が盛んです。特に最近は、2018年度より3年進級時に児童に一人一台のiPadを導入するため、ICT活用に関する研修が多くなっています。
今回は、AppleJapanの方から「新しいiOSでできるようになったこと」、「授業に活用できそうなアプリの新機能」について教えていただきました。「教育」に特化しない研修内容でしたが、だからこそ、教員一人一人が柔軟な発想でiPadの機能をどのように授業に活用するのかを検討できる研修になりました。

ICT活用のための研修1ICT活用のための研修2

 

2018.1月23日(火)

 

◆雪遊び

 

22日の大雪が残る中、洗足の子どもたちは毎日雪遊びで元気一杯です。低学年から高学年まで、雪だるまを作ったり雪合戦をしたりと、汗びっしょりになるほど動き回っています。雪が解けてなくなるまでは、子どもたちの歓声にわく光景が続くことでしょう。

児童の日記から
・何度も雪のことを書いてすみません。でも、そのくらいうれしいのです!雪は一度ふったら、みんなの遊ぶおもちゃのような物になるんだな。雪合戦や雪だるま作り、かまくら作りなどいろいろなバリエーションがあって楽しいです。朝は2年生の子とかまくら作り。中休みは、かまくら作りのとちゅう。昼休みは4段雪だるまをみごとに完成させました。明日はスケート♡
(3年女子)

雪遊び1雪遊び2

 

2018.1月22日(月)

 

◆洗濯板での洗濯

 

洗足の3年生の社会科は、「くらし」(生活)分野と「地理」分野に分かれています。今日はくらしの社会「昔さがし」の実習で、洗濯板を使っての洗濯を実際に体験しました。
今まで、昔の人たちの生活を学習したり、様々な資料を使って想像してきましたが、今日は実際に体験してみる時間でした。寒い日に冷たい水の中、洗濯板を使って手でこする洗濯は、さぞ同じ姿勢が疲れ、腕の力も使ったことでしょう。最初は楽しそうだった子どもたちも、徐々に「寒い」「足がしびれた」「水汲みは大変!」などと言い始め、昔の人たちの暮らしを少しだけ垣間見た気分の1時間でした。

児童の日記から
・くつ下一足しか洗っていないのに、こしもいたくなって手もヒリヒリしたし、すすぎをするときに水をくみかえなければいけないので時間もかかり、昔はとにかく一つ一つの事に時間とてまがかかったのだなと思いました。でも、洗たく板だと細かいよごれまで落ちるので、やり方も教えてもらったし、洗たく板で洗たくの手伝いをやってみようと思いました。
(3年女子)

洗濯板での洗濯1洗濯板での洗濯2

 

2018.1月17日(水)

 

◆3年生社会科見学 川崎市立日本民家園

 

3年生が「むかししらべ」の学習で、社会科見学として日本民家園へ行きました。生憎の小雨降る天気でしたが、幸い見学中はひどい雨にならず、班行動で見学することができました。日本民家園では東日本の代表的な民家をはじめ、船頭小屋や合掌造り等を見学しました。囲炉裏の火で冷えた体を温めさせてもらい、昔のくらしについてボランティアの方にお話を伺い、昔の生活を肌で感じた貴重な見学となりました。

児童の日記から
・社会科見学で、日本民家園とかわさき宙と緑の科学館に行きました。日本民家園で、特に建物の屋根のちがいを見て歩きました。いろんな村に分かれていて、屋根の材料が、瓦、草、板と岩など、ちがうものでできていました。特に合掌造りの山下家を見た時、今度岐阜の白川村に行ってみたいと思いました。いろんな地方の古民家があったので、とても勉強になりました。
(3年女子)

3年生社会科見学 川崎市立日本民家園13年生社会科見学 川崎市立日本民家園2
3年生社会科見学 川崎市立日本民家園33年生社会科見学 川崎市立日本民家園4

 

2017.12月14日(木)

 

◆音楽鑑賞会

 

5・6時間目に、小学校オーケストラを指導されている先生方による、中学年を対象とした音楽鑑賞会がありました。今回は打楽器の先生方で構成されていて、音楽室にもある身近な楽器から、普段あまり目にしない楽器なども紹介いただき、ついつい一緒に歌いだしたくなるような馴染みの深い曲を選んで演奏して下さいました。1時間の鑑賞会があっという間に感じた児童が多かったようです。最後はクリスマスメドレーで終わりました。

児童の日記から
・音楽鑑賞会があり、打楽器の演奏を聴きました。マリンバなど、自分の知らない打楽器がたくさんありました。洗足学園は、世界一楽器の数が多い学校だと知り、おどろきました。ぼくが一番面白いと思った楽器を二つ紹介します。一つ目は「ど突き棒」という楽器で、木の枝を長い棒で突いて音を出します。二つ目は「スティ-ルパン」といい、ドラム缶から作られています。ドレミファソラシドの音を鳴らすときにたたく位置を全て覚えるのはとても難しいそうです。他にももっと色々な楽器を見てみたいです。
(4年男子)

音楽鑑賞会1音楽鑑賞会2

 

2017.12月 12日(火)

 

◆もちつき・しめなわ作り(2年生生活科)

 

2年生が、餅つきをしました。朝早くから、かまどに火を焚いてお米を蒸し始めます。ほかほかに蒸し上がったお米を臼に移すと、保護者の方がまずはお米をつぶしてお餅に近い形にしてくれます。その後、2年生は棒杵を使って、協力して力いっぱいこねます。でき上がったおもちはお母さんたちがきな粉やしょうゆで味付けをしてくれました。お昼ご飯に食べた子どもたちは、「美味しい!」と満面の笑みでした。
餅つきの後は、保護者の方のご指導の下、お米の藁で縄を綯う体験をしました。初めての体験に戸惑う子も多かったのですが、徐々にコツをつかんで、上手に仕上げることができました。長いままにしておく子、丸めて飾りをつける子など、それぞれが思い思いのしめなわを作って楽しむことができました。

児童の日記から
・四月からそだてていたもち米が実り、しゅうかく、だっこくをへていよいよ、おもちになりました。きねは、そうぞうよりかるかったけれど、おもちになるまでにはたくさんの工ていと重労働があり、大へんだと思いました。おいしかったです。
(2年男子)

・今日おもちつきをやりました。わたしは、おもちつきを二回しかやったことがないので、楽しみにまっていました。わたしたちがもち米をつく時、お米がたきたてですごくいいにおいがしました。校長先生がおもちをつく時に「ズボ、ズボ」と音がして、もち米がだんだんおもちになっていきました。自分たちでそだてたもち米はすごくおいしくて、もう一回食べたくなりました。
(2年女子)

もちつき・しめなわ作り(2年生生活科)1もちつき・しめなわ作り(2年生生活科)2
もちつき・しめなわ作り(2年生生活科)3もちつき・しめなわ作り(2年生生活科)4

 

2017.12月8日(金)

 

◆車椅子バスケット体験

 

本日は、車椅子バスケットの選手の方々にお越しいただき、小学校4年生の児童が車椅子バスケットの体験を行いました。競技用と通常の車椅子の違いを知ったり、実際に競技用の車椅子に乗ってみたり、車椅子バスケットを体験したりしました。最後に、車椅子で生活するにあたって不便なことや、どのように手助けをすると助かるのかなどを直接質問して、これからの関わり方について考えるいい機会となりました。
また、車椅子バスケットを実際に体験することで、座った状態でボールを投げることの難しさを痛感すると共に、車椅子バスケットの楽しさを感じ、2020年のパラリンピックに対して興味関心を持つことができる機会となりました。

児童の日記から
・今日、足が不自由で車いすを使用している方々に、車いすを使用するバスケットボールを教えてもらいました。わたしもゴールを決められて、とてもうれしかったです。足が不自由だと、かわいそうだと思っていましたが、今日の体験を通して考えが変わりました。
(4年女子)

車椅子バスケット体験1車椅子バスケット体験2

 

2017.12月5日(火)

 

◆大縄跳び大会

 

本日は、縦割り班(全学年を縦割りで班分けして年間を通して活動する班)ごとに大なわとびの回数を競う「大縄跳び大会」が開かれました。最初の練習では上手く大縄に入っていけない3年生もいましたが、休み時間を使って練習をしました。練習当初は初めてで不得手だった3年生も、上級生の指導のおかげでコツをつかんでいったようです。どの班も学年を越えてお互いに助け合いながら目標に向かって努力する体験ができたようです。背中を押してあげて、大なわに入るタイミングを教えてあげる班もありました。学年の違う仲間と共に、協力することでさらに絆を深めていったのではないでしょうか

児童の日記から
・六時間目に大縄大会がありました。今までは毎回片手で数えられるくらいの人しか来なかった昼休みの練習に、今日はほとんど全員が来てくれました。二分にしては長いようにも短いようにも感じたけど、待ち時間がやっぱり長かったです。七十七回なので、何か賞がもらえそうな数字だし、何より班の最高記録を十回も超えられたので良かったです。
(6年女子)

・六時間目に大縄大会がありました。練習では、最高六十回でした。一人休みがいましたが、みんなよく跳べていました。一回目は数えるのを忘れてしまいましたが、二回目は九十七回で自己最高記録でした。団結力が高まったなと思います。六年間の縦割り活動の中で一番楽しかったと思いました。これからもがんばりたいです。
(6年男子)

大縄跳び大会1大縄跳び大会2

 

2017.11月30日(木)

 

◆実験理科校外学習(城ヶ島)

 

今日は5年生の児童が神奈川県三浦市城ヶ島へ地層の見学に行きました。城ヶ島は貴重な地層がたくさん見られる貴重な場所です。4グループに分かれて、担当の先生の説明を聞きながら、この地形の成り立ちを理解することができました。

児童の日記から
・理科の校外学習で城ヶ島の地層を見学しに行きました。まず、クラスの班ごとにわかれ、4グループで見学しました。最初は、観光橋というところで地層を観察し、その次に海の近くの地層を観察しました。私が印象に残ったのは、馬の背洞門です。これは、波で削られたりしてできたものです。岩場をたくさん歩きとても疲れましたが、勉強になりました。
(5年女子)

・理科の校外学習で城ヶ島へ行きました。僕が一番すごいと思ったのは、お昼ご飯を食べた場所です。ここにはたくさんの切れ目のあとがあり、たくさんの断層がありました。中でもすこし丘のように出っ張っていたところには、3mも火炎構造がずれているところ(正断層)がありました。地層もよくわかり、勉強になりました。
(5年男子)

実験理科校外学習(城ヶ島)1実験理科校外学習(城ヶ島)2

 

2017.11月29日(水)

 

◆理科校外学習(4年)

 

校外学習が多く用意されている洗足では、理科の校外学習も行っています。今日は、4年生恒例の「流れる水のはたらき」での校外学習として、多摩川の中流へ行きました。紅葉の美しい秋色濃い中、東京西部の沢井駅~御岳駅間を川に沿って歩き、侵食地形や石を観察しました。児童は探検バッグを片手にたくさんのメモを取り、河原では、石灰岩、チャート、砂岩、ギョウカイ岩などを見つけることが出来ました。幸いお天気にも恵まれ、川の流れ、流れの速さ、石の様子等、下流の川との違いを自分の目で見て、学ぶことのできた有意義な校外学習でした。

児童の日記から
・今日は校外学習で多摩川の中流から上流くらいまでを見ました。勢いがとても速い所や、遅い所がありました。一番印象に残ったのは、岩の上のくぼみです。そこは、昔、流れていた川の川底だったそうです。川原での石の観察は、チャート、石灰岩、凝かい岩、砂岩、泥岩などがありました。一日とても楽しかったです。
(4年男子)

理科校外学習(4年)1理科校外学習(4年)2

 

2017.11月28日(火)

 

◆音楽鑑賞会(低学年)

 

5時間目に広間を使って音楽鑑賞会が行われました。洗足学園音大のお兄さん、お姉さんたちが演奏してくれました。内容はスティルパンを中心とした打楽器アンサンブルで、子どもたちもよく知る曲や、体が自然と動き出してしまうような楽しい曲ばかりでした。後半は子どもたちも楽器に触らせてもらい、とても楽しく素敵な1時間となりました。

児童の日記から
・今日はすてきな音楽を聞かせてもらいました。知らない曲でもたのしく聞くことができました。とくにさいごの曲がとってもたのしかったです。、マレットのことや、だがっきのこともたんくさん教えてくれたのでべんきょうになりました。
(2年女子)

・打楽器のアンサンブルを聴いて、マレットの先たんのやわらかさにより、音の雰囲気がかわることが分かり、これからの聴き方がかわりそうです。
(2年男子)

音楽鑑賞会(低学年)1音楽鑑賞会(低学年)2

 

2017.11月10日(金)

 

◆募金活動

 

ボランティア委員会の児童が溝の口駅前で募金活動を行いました。募金活動の度に「どの場所」で「どのように困っている人がいるか」ということを考えながら募金先を決めて、募金活動に取り組んできました。今回の募金先はユニセフです。「発展途上国の恵まれない子どもを一人でも多く救いたい」という目的を持って今回の募金に取り組むことになりました。
街頭での募金は今年度は初めてで、最初は緊張している様子でしたが、少しずつ大きな声が出せるようになっていきました。また、最初はバラバラだった声も、みんなの声が合わさり、大きな声で呼びかけをすることができました。大勢の方からご協力いただくことができました。また、「頑張ってくださいね。」と温かいお言葉をいただく場面もありました。ご協力ありがとうございました。

児童の日記から
・委員会活動で、溝の口駅で募金活動をしました。募金箱の裏に「千円でこんなことが出来る」というようなことが書いてあったので、値段をふせてそれに自分たちで考えた文章を付け加えて、歩いている人たちに呼びかけました。声を出したので終わった後はとても疲れていました。私たちの意志が歩いていた方たちに伝わったかな、と少し心配になりました。
(6年女子)

・溝の口の駅前で、募金活動をしました。公共の場で声を出すので、とてもきん張しましたが、やっているうちに慣れていき、楽しくなりました。募金をしてくれる人は、優しそうな人でもない人も募金してくれました。また、「お疲れ様。」と言ってくれると私はその一言でやる気が出て、もっと声を出して頑張ろうと思うことができました。募金活動のすばらしさと同時に人の一言は強い力を持っているということを改めて学ぶことができ、良い経験になったなと思いました。
(6年女子)

募金活動1募金活動2

 

2017.11月 7日(火)

 

◆脱穀・籾摺り(2年生生活科)

 

2年生が10月に稲刈りをした稲の脱穀を行いました。昔使われていた千歯こきや牛乳パックを使って、もみを稲穂からはずしていきました。千歯こきでの脱穀は、子どもたちにとって少し難しかったようですが、力いっぱい引っ張って頑張りました。また、すり鉢とゴムボールを使って、籾摺りもしました。食べるまでには、たくさんの手間がかかることを子どもたちは実感したのではないでしょうか。このお米は、12月の餅つきで食べます。どんな味がするのか今から楽しみです。今回も保護者の方々に協力していただき、安全に楽しく活動ができました。お手伝いしてくださった皆様、ありがとうございました。

児童の日記から
・だっこく・もみすり・せい米の手作ぎょうをしました。まっている間は友だちといっしょにおちている米をひろっていました。牛にゅうパックから聞こえたジャリジャリという音がうれしかったです。
(2年男子)

・今日は生活のじゅぎょうがありました。なにをやったのかというと、だっこくともみすりです。もみすりの意みはお米の外がわのかわをとるさぎょうのことです。むかしの人はこんなに手間をかけてやってたからお米は大切にしないとなと思いました。
(2年女子)

脱穀・籾摺り(2年生生活科)1脱穀・籾摺り(2年生生活科)2
脱穀・籾摺り(2年生生活科)3脱穀・籾摺り(2年生生活科)4

 

2017.11月6日(月)

 

◆道徳の課題コンテストで最優秀賞(文部科学大臣賞)を受賞

 

小学5、6年生と中学生が、部活や委員会でがんばる仲間に140字以内で応援の言葉を贈る「第6回私のアイアイメッセージコンテスト」(毎日新聞社主催、文部科学省、公益社団法人日本眼科医会、公益財団法人日本学校保健会後援)は、1万2188編の応募があり、本校も道徳の課題として取り組み応募しましたが、本校5年の星野莉菜さんが、文部科学大臣賞を受賞しました。他にも2名が奨励賞を受賞し、さらに日頃の道徳教育への取り組みに対し学校賞もいただくこととなりました。トリプル受賞となった本校に、文部科学省と毎日新聞社の方々が表彰のためにわざわざ来校され、本日の朝会にて表彰してくれました。日頃の本校の道徳教育の成果が表れた一つの結果と言えるでしょう。受賞した子はうれしそうでしたが、応援メッセージを書いてもらった子や同じクラスの子もとてもうれしそうだったのが印象的な表彰式でした。

児童の日記から
・今日は表彰式ということで、毎日新聞社の方、文部科学省の方もいらっしゃる中、朝会が行われました。檀上ではいつも以上に緊張しました。ひと言を言うときは、変なことを言っていないかなど少し不安でした。けれど、みんなから拍手されたときはうれしさの方が大きくなりました。このような機会は、もう少ないと思うので、貴重な体験ができ、よかったです。
(5年女子)

道徳の課題コンテストで最優秀賞(文部科学大臣賞)を受賞1道徳の課題コンテストで最優秀賞(文部科学大臣賞)を受賞2

 

2017.11月2日(木)

 

◆スポーツ大会

 

全校児童が参加する「スポーツ大会」が開催されました。
1・2年生は学年ごとに、3・4年生と5・6年生は2学年ずつのチームを組み、ドッジボールの対抗戦に挑みました。練習の際はボールの投げ方や守備の方法などチームごとに考えて本番に臨みました。どこのチームも協力し合って、全力を尽くした大会となりました。閉会のときにはお互いを称え合う姿も見られ、成長を感じました。

児童の日記から
・いよいよスポーツ大会本番です。僕たちのチームは最後、Aブロック一位の「ミニオンズ」と戦いました。最強の相手だったのですが、ここで外野の工夫が役に立ちました。二点差で前半が負けたので、川﨑君が本気になってしまい抜けそうになりましたが僕が走ってギリギリ追いつき、五秒ルールでアウトになりませんでした。結局優勝して、嬉しかったです。
(5年男子)

・今日はスポーツ大会がありました。私のチームは「シンゲキノシューマイ熊猫」で、優勝しました。最後先生チームと戦い、Vヒット戦になり、10対11で勝ちました。勝ったのはうれしいですが、喜びすぎたことで傷つく人がいることを考えて、来週から気持ちを切り替えていきたいと思いました。来年は別の内容のスポーツ大会を行うとのことで楽しみです。
(5年女子)

スポーツ大会1スポーツ大会2

 

2017.10月27日(金)

 

◆秋さがし(1年生生活科見学)

 

1年生が生活科見学に出かけました。今回の学習テーマは「秋さがし」です。東高根森林公園に出かけて、秋を彩る植物や昆虫など、いろいろな発見をしました。冬芽やどんぐりなどを見つけて観察し、スケッチをしました。この日はとてもお天気が良く、観察が終わった子どもたちは、温かい日差しと大自然の中でかけっこや木登り、を楽しみました。

秋さがし(1年生生活科見学)1秋さがし(1年生生活科見学)2
秋さがし(1年生生活科見学)1秋さがし(1年生生活科見学)2

 

2017.10月27日(金)

 

◆2年生生活科 稲刈り

 

秋晴れで心地よい気候の中、2年生がビオトープで稲刈りを行いました。6月には子ども達の手のひらサイズだった稲の苗は、この4ヶ月間大雨や台風に耐え、大きく生長していました。稲の刈り方や鎌の使い方を教わったら、早速田んぼに入って稲刈りを行います。最初はぎこちなかった鎌の扱いは、2回、3回とやるうちにコツをつかみ、上手に稲を刈れるようになりました。刈った稲穂は、お手伝いの保護者の方々が束ねて室内に掛け干ししていきます。多くの皆様のご協力のおかげで、今年も無事に、子ども達に貴重な体験をさせることができました。お手伝いしてくださった保護者の皆様、大変助かりました。誠にありがとうございました。

児童の日記から
・学校で、生活の時間に楽しみにしていたいねかりをしました。かまで切る時は、力を入れないといけないので、 ざつにやるとけがをしてしまうかのうせいがあります。ちょっとこわかったけど、「ブチッ」という音がして 気もちよかったです。
(2年男子)

・いねかりをしました。いねを切る時に、あんまりかたくないと思ったらすごいかたかったです。こんなに 大変なおもいをするなんて今どからお米をのこさず食べようと思いました。
(2年女子)

2年生生活科 稲刈り12年生生活科 稲刈り2
2年生生活科 稲刈り12年生生活科 稲刈り2

 

2017.10月25日(木)

 

◆社会科見学

 

3年生が社会科見学に行ってきました。「くらしと水」の学習で長沢浄水場へ、「くらしとごみ」の学習で王禅寺処理センターへ行きました。 生憎の雨でしたが、施設の方のお話を熱心に聞いて、メモをとったり、図を描いたりする様子がうかがえました。浄水場では、着水井にたまった水が、沈殿池、ろ過池などを通ってきれいな飲み水になる過程を見ることができました。王禅寺処理センターでは、ごみピットにたまるごみの多さ、ごみクレーンの大きさに子どもたちは驚いていました。自分たちの生活と密接に関係する、水・ごみについて改めて考えるよい機会となりました。

児童の日記から
・今日は王ぜん寺しょ理センターと長沢じょう水場に行きました。まずバスで王ぜん寺しょ理センターに行きました。ごみクレーンがとても大きくて一度に6トンも運べるのがとてもびっくりしました。ごみがたくさんあってしょ理場はあと40年でごみでいっぱいになるそうです。ぼくも出すゴミを少なくするように心がけようと思います。家族にも話しました。 
(3年男子)

社会科見学1社会科見学2

 

2017.10月24日(火)

 

◆郵便局見学(2年生生活科見学)

 

2年生が日本郵政高津支店に見学へ行きました。郵便局で、手紙が配達される仕組みや郵便局の仕事などを学習しました。実際のお仕事の様子を見ることで、郵便配達の仕組みをしっかりと理解することができたようです。現在、2年生は授業で『ゆうびんやさんごっこ』の準備を進めています。今回の見学で学んだことを生かして、洗足郵便局を開局し、学校中に心を込めてお手紙を配達してもらいたいと思います。

児童の日記から
・今日高つゆうびんきょくに行きました。高つゆうびんきょくでしごとをしている人がゆうびんきょくのことをいろいろ教えてくれました。ポストの形はいろいろあると教えてくれました。いそがしい中教えてくれてありがとうございました。
(2年男子)

・今日高つゆうびんきょくに行きました。けしいんを手でおす時に早くてびっくりしました。ゆうびんきょくにはたくさんのくふうがされていたと知りました。わたしもお手紙を出したいです。お手紙がくるのがたのしみです。
(2年女子)

郵便局見学(2年生生活科見学)1郵便局見学(2年生生活科見学)2
郵便局見学(2年生生活科見学)1郵便局見学(2年生生活科見学)2

 

2017.10月10日(火)

 

◆1,2年生 道徳

 

13日の創立記念日を前に、1,2年生の道徳の授業では、校長先生がゲストティーチャーとして授業を行いました。創立当時の時代背景から創立者である前田若尾先生の想いや苦悩など、子どもたちは真剣に耳を傾けていました。自分たちが通っている学校について、たくさんのことを知り、深く考える時間になったようです。

児童の日記から
・どうとくの時間に前田わかお先生の話をしてもらいました。わかお先生は四回、くるしい目にあってしまいましたが、それをのりこえていったのですごいなあと思いました。ぼくもわかお先生みたいに、何があってものりこえていきたいと思いました。この話はぜったいにわすれません。
(2年男子)

・校長先生のお話を聞いて前田若尾先生は神様にあいされていると思いました。大変な時にはいつも不思議とうまくいくからです。先生が神様にいつも感謝していたからだと思います。私も神様や周りの人に感謝する心をわすれない、そんな人になりたいです。
(2年女子)

1,2年生 道徳11,2年生 道徳2

 

2017.10月3日(火)

 

◆学級園(2年生生活科)

 

夏野菜の収穫を終え、次に植えるチューリップのために学級園の手入れを行いました。栄養たっぷりの土の中には、たくさんの生き物がいて、児童たちは発見するたびに大喜びでした。春にきれいな花が見られるように、思いを込めて手入れの作業を行うことができました。

児童の日記から
・今日、3、4時間目に学きゅうえんの手入れをしました。学きゅうえんにはたくさん虫がいました。草の中には知っている名まえのものもあっておもしろかったです。(2年女子) ・今日、生活の時間に学きゅうえんの草とりをしました。草をとっていたら、うしおにカエルが2ひきいてとてもビックリしました。
(2年男子)

学級園(2年生生活科)1学級園(2年生生活科)2