洗足学園小学校

建学の精神
「謙虚・奉仕・犠牲・愛」
謙虚にして慈愛に満ちた心をもち、社会に奉仕貢献できる人材を育てるため、洗足学園小学校では、独自の指導をおこなってきました。本校の目指す教育は、社会にあってリーダーの役割を果たす人材の育成です。こうした人材には、深い教養、高い知性、優れた社会性、高い品格が求められます。その基礎をしっかりと構築することが本校の教育なのです。

 

洗足の歩み
「たがいに足を洗えとのりし み教え守るこころの学びや」「たがいに足を洗えとのりし み教え守るこころの学びや」

敬虔(けいけん)なクリスチャンであった前田若尾先生作詞作詞の洗足洗足学園校歌の一節です。

前田若尾先生

 

 洗足学園の創設者前田若尾先生が、旧平塚村(現在の東京都品川区)の自宅に私塾を創設したのは大正13年(1924年)のことです。その2年後現在の東京都目黒区洗足に移り、校名も洗足高等女学校と改めました。

 「洗足」という学園名は、地名を冠した命名のように思われますが、そうではありません。洗足学園はミッションスクールではありませんが、前田若尾先生は敬虔(けいけん)なクリスチャンであり、「洗足」という命名にもそれが投影していると考えられるのです。 キリストは、明日は十字架の上に消えることを悟ったとき、12人の弟子たちの足をひとりひとり洗ってやって、最後の晩餐の席につきました。 新約聖書「ヨハネによる福音書」第13章に次のように書かれています。

 イエスは、夕食の席から立ち上がって上着を脱ぎ、手拭(てぬぐい)をとって腰に巻き、それから水をたらいに入れて、弟子たちの足を洗い、腰に巻いた手拭で拭きはじめられた。 (中略) しかし、主でありまた教師であるわたしが、あなたがたの足を洗ったからには、あなたがたもまた互いに足を洗うべきである。わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするように、わたしが 手本を示したのだ。

 教育の理想を深く思慮し、そしてキリスト教を厚く信仰し、賛美歌を愛唱した前田若尾先生は、迷うことなく「洗足」と命名されたことでしょう。「たがいに足を洗えとのりし み教守るここの学びや」、前田若尾先生作詞の洗足学園校歌の一節です。その教学の大理想をキリスト教の感謝と献身、犠牲と奉仕の信仰の中にうちたてられ、 洗足学園はスタートを切ったのでした。

 爾来90余年この建学の基本理念および教育目標は脈々と引き継がれ、幼稚園から大学院までの一貫教育の学園として発展を遂げてまいりました。

 

1923年 (大正12年) 創立者 前田若尾の自宅2階を私塾として開放
1924年 (大正13年) 自宅敷地内に校舎(教員室、教室2)を建築
1926年 (大正15年) 洗足高等女学校開校
1930年 (昭和 5年) 財団法人洗足高等女学校設立
1946年 (昭和21年) 川崎市久本に移転
1947年 (昭和22年) 前田若尾先生 逝去
前田澄子 理事長就任
1949年 (昭和24年) 洗足学園小学校開校 校長前田澄子
前田豊子 理事長就任
1951年 (昭和26年) 学校法人洗足学園に組織変更
1955年 (昭和30年) 岩本実次郎 校長就任
1959年 (昭和34年) 小学校鉄筋コンクリート建校舎竣工
1962年 (昭和37年) 徳 盛 校長就任
1966年 (昭和41年) 山梨県清里に八ヶ岳山荘を開設
創立40年記念合同大運動会を駒沢陸上競技場にて挙行
1969年 (昭和44年) 小学校創立20周年記念式典挙行
1970年 (昭和45年) 小学校体育館兼講堂竣工
1971年 (昭和46年) 荒井光男 校長就任
1976年 (昭和51年) 洗足学園小学校を洗足学園大学附属小学校と改称
1979年 (昭和54年) 小学校創立30周年記念式典挙行
1981年 (昭和56年) 名誉学園長前田澄子先生逝去
1984年 (昭和59年) 前田ホール完成
1987年 (昭和62年) 丸山洋美 校長就任
1989年 (平成元年) 小学校創立40周年記念式典挙行
1992年 (平成 4年) 前田豊子理事長逝去
前田壽一 理事長就任
1994年 (平成 6年) 前田壽一 校長就任
1997年 (平成 9年) 学校週5日制実施
2000年 (平成12年) 西村昭比古 校長就任
2002年 (平成14年) 小学校新校舎および新グラウンドの使用開始
洗足学園大学附属小学校を洗足学園小学校と改称
2004年 (平成16年) 小学校オーケストラ発足
2005年 (平成17年) 櫻井義英 校長就任
2007年 (平成19年) 渡邊直子 校長就任
2007年 (平成19年12月) 稲田拓 校長就任
2010年 (平成22年) 吉田英也 校長就任